再婚は子持ちでも40代でも楽しく幸せな生活ができる?

バツイチであることも、再婚であることも、子持ちも40代でも、幸せな結婚生活を探る実体験を含めた夫婦のコミュニケーションについて書いております

バツイチ子持ちの40代は再婚できない?その理由は?

バツイチ子持ち40代で幸せな再婚生活を送れるのか?
今回は、バツイチ子持ちで40代の方へ向けて、再婚はできるのか?
幸せな再婚生活をするためのコツを書ければと思います
 
 

バツイチ子持ちで40代も再婚できます

f:id:subway8500:20190514144257j:plain


バツイチで子持ちだけど再婚を考えている、または

40代のバツイチさんですと、お子様から「再婚は考えないの?」

などと話しになる場合もあるのではないでしょうか?

今回はそんな思いをされている40代のバツイチさんへ

バツイチ40代の再婚率や再婚する方の特徴お相手を選ぶコツなどを

少し紹介いたします

 

ぜひ、バツイチ子持ちの40代のかたであっても、
遠慮することなく、幸せな再婚生活をお過ごしいただきたいと

 

本気で祈っております。

 

 

バツイチさんが離婚後5年以内に再婚できる?

厚生労働省などの資料によりますと、

バツイチ40代の方が離婚後5年以内に再婚している割合は
13~16%、ですので、25人に4人程度となります

 

あくまで「5年以内」ですので、
これだけがすべてではないので、
再婚の可能性は「再婚へ向けた婚活の動き方の工夫」しだいで

実はかなり高確率になってくるのです

 

正直5年でバツイチ子持ちの方が
再婚するというのはなかなか
心の整理と生活を落ち着けるのであっという間に
なってしまうのかもしれませんが

バツイチ子持ちさんのこの「5年」経過するあたりというのは
ご自身においても、心の支えなどの意味からの
再婚を意識なさるかたが増えている傾向にあります

 

 

 

 

バツイチ子持ち40代で幸せな再婚をしている人の特徴

f:id:subway8500:20190514145924j:plain

実際に体験された方に聞いてみました




では実際にバツイチ子持ちで40代で幸せな再婚生活を送っている方は
どのような特徴があるのでしょうか?

 

●子どもの気持ちと自分の気持ちをバランスよく理解している

 実はバツイチ子持ちの方はこのバランス感覚が非常に重要です
 ここが再婚できるできないの決めてといってもいいくらいですね
 お相手のことをどんなに好きになっても、お子様がなつかないのも
 反対に、お子様がすごい懐くかたでも、
 あなたの気持ちがそこまで高まらないのも、これからの長い人生が
 苦痛になってしまうことがあるのです。

 
●「今」を楽しんでいる人、過去は過去というとらえ方のできる人

 これも上記同様バランス感覚が非常に重要ですが
 これができている人って本当に魅力的です。
 バツイチ子持ちさんというのは一人何役もこなさなきゃいけませんので
 そういう面からしても、「今」を大切にされている方は
 前向きな印象を受けています。
 この反対はどんな人かといえば、過去のお相手の悪口を
 いまだにいっていたり、そこへのこだわりが強すぎて、
 傷つきたくないと、守りに入ってしまっているような方になります

 

●完璧すぎない人、任せ上手な人

これだけでひとつの記事が書けそうですが(苦笑)
離婚を経験した男女は少なくとも、苦労している方なので、
「自分でなんとかして生きていこう」という思いが強い方が多いです
したがって、何年かしてくるとなんでもこなせちゃう強さを身に着けてしまう
方がいるのですが、「完璧すぎると婚期は遠のく」場合もあります

バツイチ子持ち女性がお相手であれば、守ってあげたいと思うくらいがいいのでしょうし、バツイチ子持ち男性がお相手なら、「仕方ないわね~」と
いずれもなにか助けたくなっちゃう、おせっかいを焼きたくなっちゃうくらいの関係というのは、ポイントになってきます
これは実体験ですので、間違いないです


 

 

 

 

 

恋愛の延長ではバツイチ子持ちさんは再婚できない?

出会い方はひとそれぞれで、恋愛して同棲して婚約して、結婚へ
若いころや初婚のときと同じような展開をイメージして婚活も
もちろんいいと思います!
ですが、やはり戦略的に動いていく必要を感じます

「時間的な制約」「お子様の気持ちも大切」「頻繁にデートややりとりができないかも」そんなことを考えながら、お相手と交流を深めていくのが、
苦痛になり、婚活をやめてしまうバツイチさんは少なくありません

 

一方で昨日までと同じ生活サイクルであれば
いい出会いがないと嘆いているだけで、いつまでも誰かが
迎えにくるわけではありません

 

いきなりインターフォンがなって、
出てみたら、イケメン俳優が迎えにくる・・・ことはないでしょうから(苦笑)