再婚は子持ちでも40代でも楽しく幸せな生活ができる?

バツイチであることも、再婚であることも、子持ちも40代でも、幸せな結婚生活を探る実体験を含めた夫婦のコミュニケーションについて書いております

40代と自覚していない人が多い40代バツイチさん

おじさんというのは何歳からなのでしょうか、
というアンケートに
30代後半から40代以上がおじさん
という意見が多いようです。
 
世の中を見ていますと、
ダンディなおじさまと年の差婚などが
話題にあがり、おじさんの魅力があるように
思えますが。現実的には

好き好んでおじさん好きはいない、
というのが多いのではないでしょうか?
 
そこを調べていますと、
ちょっと気になることが出てきました。
 
 
 
 

40代という自覚がないバツイチさん

学生時代、大学生でも高校生でも、
付き合う相手は、同級生や同じ学校の先輩後輩などが多かったはず
ということは年齢は前後2~4歳といったところでしょうか。


これが社会に出て、20代.30代となってきますと、
同じ部署や会社の先輩後輩などとなりますと、
前後5~10歳差なども普通になってきます。


30代までの間は、若さと勢いでやってこられたかもしれませんが
離婚も経験しバツイチで40代を迎えた方々にとっては
なかなか学生時代のような恋愛をできるかといえば
そう簡単にはいきません。

 

特に40代の男性は、「俺はまだいける!」という方と
「俺はもうあきらめた」という方のギャップが激しく、

まだまだ20代30代のノリで、人生を切り開こうとしている方も
少なくありません。

 

f:id:subway8500:20190520173159j:plain

 

 

 

しかし40代のバツイチ男性が20代女性を対象にするのは、
宝くじを当てるような勝負に出ているようなもの。

 

でも、自分が今まで経験してきた道だからこそ、
20代、30代の方が話しやすいし、わかりやすい
かつ、相手からも安心できる存在になれることから

どうも年下を恋愛対象に選ぶ、もしくは
不倫相手などに選んでしまう方が少なくありません。

 

これって40代ということを
自覚できていないのではないかなと思ったりもします。

 

それをまた
若い女性が見抜いているあたりに
男性が気づかないと、

結果避けられてしまったり、

気持ち悪がられてしまったりするのです

 

忙しくて恋愛が面倒な40代

社会でも経験豊富で、重要なポジションも任されるようになる40代
収入もそれなりに増えてきて、
自由に時間やお金も使えるようになってきます

 

そうなると、忙しい40代は、
「恋愛や再婚が面倒くさい」と思う人もいるんだとか。

 

メリットやデメリットだけで判断をしてしまいますと、

自由になれないなどで、結婚や恋愛に対して否定的になってしまいます

 

しかし、これもまた
40代と自覚できていない典型とも言えます。

 

 

今、忙しいし、収入も自由もあるから、面倒。。。。

 

さて、それは50代も60代も続くのでしょうか?

 

 

 

つまり、

 

自分はまだ若いし、

まだまだチャンスなんてこの先ある

 

そんな風に考えている40代男性がかなり多いのです。

 

 

 

f:id:subway8500:20190605180818p:plain

 

 

 

 

 

 

 

「そのうち時期がくれば」は間違いなく来ない

この発言40代と自覚できていない方に多いですね

 

「そのうちなんとか」

「そのうち時期が来れば」

 

と、チャンスはこの先あるだろうと思っている

 

40代男性の皆様。

 

そのうち、婚期が 自然に来るか

 

答えは、「来ません!」

 

 

これは年齢が高齢になればなるほど、

「婚期はきません」

 

 

ご縁がある、ないはもちろんあるでしょう

 

しかし、

 

ご縁は

 

ご自身が

 

再婚するぞ

 

そう決意していない限り

 

行動しない限り

 

ご縁はないわけです

 

 

 

 

決意して、お相手にほれ込んだら

 

「結婚してください」とはっきり伝える

 

行動しないと、

 

再婚成就はもう達成できる世代ではないのです。

 

 

 

なぜなら、

 

収入もポジションも

 

いまのところ無難に自由に生きていける状態だからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想定外の許容内はモテる

あるコンサルタントの方に教わった名言です
「想定外はモテる。でも許容外はひかれる」
「想定内(無難)は老ける」

 

精神的にも、行動も、ファッションもそうですが、
年齢とともに、「年相応」というのは
変化してきます。

 

 

そのためにも自分のことを

わかっておく必要があります。

 

オンリーワンは、ほどほどに(苦笑)

f:id:subway8500:20190605180721j:plain